【イラストで紹介】ディスポ手袋の『外し方』と『あるある』

現場で使える知識

医療従事者にとって手袋は必需品です

スタンダードプリコーション(感染標準予防策)には必須アイテムで、看護師や介護士は毎日、何枚も何十枚も使用します

感染予防のため、ディスポーザブル(使い捨て)です

今回はそんなディスポーザブル手袋の『外し方』と『看護師、介護士の手袋あるある』を紹介します

知っていれば戸惑いなく、現場で対応できるでしょう

ディスポーザブル手袋の外し方(イラスト)

正しい手袋の外し方が出来ないと感染予防できず、逆に感染を広げてしまう可能性もあります

手袋の外し方を復習しておきましょう

手袋を装着する前、外した後は手指消毒を忘れずに!

4コマ漫画『頭皮も経費削減?』

病院で働入れいると、急に手袋の規格が変わることがあります

新人はびっくりすると思いますが、定期的にやってきます

手袋を装着するとあきらかに薄い!心もとない!!

乱暴に装着しようものなら、破れてしまうなんてこともあります

おそらく病院の経費削減で安い手袋へ変わったと思われます

手袋は毎日大量に消費するものですからね

下っ端の現場職員は黙って従うしかないのです

下っ端に出来ることはせいぜい手袋を2重、3重にして対策するだけですね

特に敵便の時には気を付けてください!

それでも1週間もすれば薄い手袋に慣れるもので、以前の手袋したとたん『分厚くて装着しづらい』と思ってしまうものです

悲しき適応力です

ちなみにですが、私の髪はまだフサフサですよ!それだけは覚えておいてください!

それでは今回はここまで。読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました